TOKYOチャレンジネット相談実例

TOKYOチャレンジネットを実際にご利用された相談者の方の
相談実例を掲載しています。

相談

区切り線

会社の倒産により仕事と住居を同時に失ってしまいました
Sさん(仮名) 47歳 男性

会社が倒産して住まいを無くしたのは3年ほど前のことです。アルバイトをしながらカプセルホテルやネットカフェに泊まったり野宿で凌いでいたのですが、ちゃんと働くためには住所が必要なので、1年ほど前から簡易宿泊所を借り寝泊まりしていました。

詳細をみる

区切り線

仕事はしていても貯蓄はなく共同生活が解消され、住まいを失うことに。
Tさん(仮名) 32歳 男性

友人と共同生活を送っていたんですが、「今月いっぱいで、この部屋を出ることにしたから!」と突然に宣言されてしまったんです。相手が契約していたアパートだったので、ボクにはどうしようもなくて・・・それで住む所が無くなってしまったんです。

詳細をみる

区切り線

職場の人間関係が苦で退社し、やがて家賃を滞納・退去通告に。
Hさん(仮名)31歳 女性

職場の人間関係の悪化と上司のパワーハラスメントが原因で精神的に追い詰められ、耐えきれずに退社することになりました。すぐに次の就職先を探したのですが不調で、家賃が支払えなくなり、ついに大家さんから退居通告を受けて住まいを失いました。

詳細をみる

区切り線

退去勧告を受け住居を失いインターネットカフェで暮らしていました。
Nさん(仮名)43歳 女性

清掃の仕事に派遣されましたが、不景気のため仕事が減少。仕事に入れるのは高齢社員優先で私は月収が10万円以下になり、家賃は滞納状態。

詳細をみる

区切り線

自営業としてやってきましたが不景気もあり自己破産してしまいました
Nさん(仮名)50歳 男性

なんとかアルバイトで生活していたのですが住居を失ってしまったので施設に入所しました。ところが、ほどなくして施設の退去期限となり、本当に住居喪失となりました。

詳細をみる

区切り線

介護職に興味もあったので早速連絡しました。
Yさん(仮名) 29歳 男性

22歳で上京して住込みの仕事に就いたのですが、会社の倒産により仕事と住居を同時に失ってしまいました。… そんな時に求人情報誌でTOKYOチャレンジネットを知り、老人ホームでのボランティア経験があり、介護職に興味もあったので早速連絡しました。

詳細をみる

区切り線

「この生活が続く」と思いながら34年間事務系の仕事を続けていました。
Tさん(仮名) 50歳 女性

ところが3年前のお正月明けにまさかの解雇通知。雇用保険受給期間中は職業訓練も受け、「事務職としてのスキルアップもできた。すぐ就職できる」と思いこんでいました。 ところが実際は、年齢のせいか何社も書類選考落ち・・・・。

詳細をみる

区切り線

52歳という年齢からか就職活動は不採用が続いていました。
Hさん(仮名) 52歳 男性

アルバイト就労していたのですが、さらに仕事が少なくなり、自分のシフトも減る一方でした。そんな中飲食業界での就職活動をしていたのですが、52歳という年齢からか不採用が続いていました。

詳細をみる

区切り線

アメリカで結婚。夫が病気で他界。帰国後、仕事を探したが・・・
Tさん(仮名) 46歳 女性

21歳で語学留学(アメリカ)し、現地で30歳上の年の離れたアメリカ人男性と結婚をしました。娘を一人もうけて、仕事をしていましたが・・・。夫が脳梗塞と認知症になってしまい、2年間看病をしましたが、亡くなってしまいました。

詳細をみる